セントラルエンバシー、フードコート「Eathai」で、タイ料理に舌鼓

他のブロガーさんの情報を見ていて、これはいかなくては!と思ったのが、セントラルエンバシーの地下にある、フードコート「Eathai」。

タイ各地のタイ料理が食べられるとかいうフードコートで、タイ料理専門。しかも、ちょっとハイソな匂いもする、ここ。ホテルから電車を乗り継いでやってきました。

f:id:ugteku:20150516203704j:plain

それにしても、世界各地にあるタイ料理屋さん、名前にシャレがかかっているのは、タイのそういう文化なのでしょうか。うちの近所のタイ料理屋も、タイタニック、タイフーンとか、そんな感じの名前がついています。文化的なこと?

中に入ると、あれれ? もっと混んでいるのかなと思ったのですが、人がまばらな感じでした。ソンクランが終わったばかりの時期だったのですが、皆さん、里帰りをしているとか、そういう感じなのでしょうか。

店内には、ワゴンや屋台風のお店が並んでおり、雰囲気を盛り上げてくれます。

f:id:ugteku:20150516204404j:plain

f:id:ugteku:20150516204553j:plain

f:id:ugteku:20150516204611j:plain

大好きなマンゴー!

f:id:ugteku:20150516204718j:plain

デザートも!

f:id:ugteku:20150516204832j:plain

あんまり観光客まるだしだったからでしょうか、スタッフが話しかけてくれ、あれや、これやとこの店のシステム的なこと、どいういう料理が食べられるのかなど世話を焼いてくれます。

f:id:ugteku:20150516204954j:plain

・・・ということらしく、私たちのような観光客には、もってこいのコンセプトです。まぁ、どこまで本当なのかはわかりませんが。

f:id:ugteku:20150516205106j:plain

テーブルには、こんなマットもあって、どこに何があるのか配慮されています。これを見たり、店内をうろうろしたり、スタッフと話しながら、どれを食べるのか決めます。

この旅行中ずっと食べていて、常にお腹が膨れた状態だったので、今回は、2品とデザートのみ。

f:id:ugteku:20150516205449j:plain

まずは、レモングラスティーで乾杯! かなり甘め。でも、それが大好きです。

f:id:ugteku:20150516205407j:plain

で、海老フライのようなもの。全部が海老ではなく、海老の部分とすり身の部分で構成されているような。これ、一体なんていうのでしょうか。

f:id:ugteku:20150516205732j:plain

そして、今回の旅行では食べていなかった、こちらの定番、パッタイ。かなり濃い味だったのですが、やっぱりもやしと一緒に食べると濃い味が緩和されて程よく。この組み合わせがいいんですよね。

f:id:ugteku:20150516205239j:plain

店内には、こんなものあって、家族連れに大人気でした。スタッフさんが乗れ乗れ!としてくるのですが、さすがに・・・と思い、写真だけ。

で、やっぱり、あれいっとく?ということで・・・

f:id:ugteku:20150516205911j:plain

やっぱり、こいつも頂きました。ここのカオニャオ・マムアンも甘くて大変美味しかったです。この旅行で何度食べたかわかりません・・・

Eathai併設なのか、その一部という扱いなのか分かりませんが、お洒落なショップもあって、お腹がいっぱいになったあとは、そちらに移動して、あれやこれやと買い物です。わたしは、レモングラスのマッサージバーム、連れは、柑橘系やたはちみつやらの石鹸を大量購入。店員さん、え?という顔をするぐらいの石鹸の量となりました(笑)

f:id:ugteku:20150516210650j:plain

そうそう、セントラルエンバシーには、こちらのホテルもできますね。非常に楽しみでなりません!