読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州観光列車の旅(その5):「いさぶろう」人吉から吉松へ

肥薩線の味わい列車「いさぶろう号」に乗って、人吉から吉松まで移動します。

 

熊本から観光列車を乗り継いで鹿児島に行く旅。

いさぶろう号は、人吉からの出発です(緑のラインの真ん中辺)

f:id:ugteku:20150608095607p:plain

 

まずは、ここまで乗ってきた九州横断特急に別れを告げます。

f:id:ugteku:20150608095506j:plain

f:id:ugteku:20150608100033j:plain

 

 

さて、次の列車、いさぶろう号がホームに到着です。

f:id:ugteku:20150608100153j:plain

九州横断特急と同じような色ですが、こちらは特急というけではなく、鈍行。さらにゆっくりと山中を走っていきます。

 

f:id:ugteku:20150608100501g:plain

人吉から、大畑、矢岳、真幸、吉松と、なんとも読みにくい駅に停車していきます。ちなみに、人吉から吉松に向かう列車を「いさぶろう」、逆方向を「しんぺい」と呼んでいます。両方、1日2本ですね。

 

f:id:ugteku:20150608100828j:plain

さて、張り切って乗車しましょう!

 

f:id:ugteku:20150608101003j:plain

九州横断特急とは違い、内部もレトロな感じになっています。

 

f:id:ugteku:20150608101226j:plain

もうちょっと分かりやすい写真は、こちら。

 

f:id:ugteku:20150608101341j:plain

窓も広く取ってあって、景色が楽しめそうです。

f:id:ugteku:20150608101939j:plain

こちらは特急ではないので、がたごと巻がさらに強い。こういう電車久しぶりで、テンションがあがります!

f:id:ugteku:20150609191028j:plain

 

出発して、30分。最初の駅、大畑(おこば)駅に到着です。

 

f:id:ugteku:20150609183443j:plain

ここは、面白い駅で、駅舎がとっても古い!というのがひとつなのですが、それともう一つ、面白い現象がこちら。

 

 

f:id:ugteku:20150609183748j:plain

名刺がびっしり!

 

こちらに名刺を残していくと、出世するとか。 

 

f:id:ugteku:20150609184015j:plain

駅舎内にも、びっしりです。

 

さて、ちょっとだけ停車して、外の空気を吸ったあとは、いさぶろう号のもう一つのハイライト、大畑駅設置されたループ&スイッチバックです。

f:id:ugteku:20150608101641j:plain

非常に勾配の高い場所に建設しなくてはならなかった、この肥薩線。この人吉ー吉松間は、特に急勾配で、それをどう克服するかが大きな課題だったそうです。そこで考え出されたのが、2つのストラテジー。

まずは、スイッチバック大畑駅を出発するのですが、大畑駅からは直進はできないので、運転手は最後尾の車両に乗り換え、バックで電車を進めていきます。そして、山を中心に線路が円を描いていますが、その最初のとんがりの部分まで電車をバックさせると、また、一番先頭の車両に乗り換え、山をぐるーっと一周して、ゆっくりと勾配を登っていくというシステムです。スイッチバックも、ループも、まだSLの馬力が低い時代に考案され、他の場所でも見ることはできますが、ループとスイッチバックが併設されているのは、この大畑駅のみだそうです。

 

 

こちら2つ目の停車駅の矢岳駅。

f:id:ugteku:20150609191114j:plain

こちらも、古くて、絵になります。

 

f:id:ugteku:20150609191231j:plain

f:id:ugteku:20150609191248j:plain

列車は、ゆっくりと山中を走っていくのですが、こちら、日本三大車窓のひとつ、矢岳越えです。

f:id:ugteku:20150608101916j:plain

冬のさむーい日だったので、景色は・・・だったのですが、天気が良ければ、えびの盆地越しに雄大な霧島連山が見えるそうです。

 

f:id:ugteku:20150608102943j:plain

資料写真(笑)

ちなみに、日本三大車窓とは、長野にある詞の篠ノ井線根室本線旧線。時間があったら、制覇してみたいものですね。

 

こちらは3つめの停車駅の真幸駅です。

f:id:ugteku:20150609191405j:plain

みなさんが集まっている理由は、ここにある鐘をならすため。ならすと幸せになれるそうです。というわけで、この駅の名前は、真幸(まさき)駅ということでしょうか。車掌さんが写真を撮ってくれるサービスなどもあるので、記念撮影もさせてもらえます。

 

 

幸駅を出発して、わずか9分で、終点吉松駅に到着です。

f:id:ugteku:20150609191929j:plain

やっぱりなにもない。

f:id:ugteku:20150609191758j:plain

けっこうあちこち見所もあって、たった一時間ちょっとなのですが、かなりお腹もいっぱいになりました! ゆっくり列車の旅をされたい方、ぜひ、おすすめです!