読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターコンチネンタルホテル大阪 3-60でアフタヌーンティー

【ホテル】インターコンチネンタル・IHG

姫路城から帰ってきたあとは、メインラウンジの「3-60(スリーシックスティー)」で、アフタヌーンティーを頂くことにしました。

 

ホームページをみると、一日に5組のみ予約受け付けますということなったので、出発前に慌てて予約。「ひ、一人でも大丈夫ですか?」というお願いに、快く対応して下さいました。

 

f:id:ugteku:20150930211955j:plain

こちらのスペースがラウンジなのですが、通されたのは、写真向かって左側のボックス席。なんか隔離されている感じです。お願いしたら、右のオープンスペースに移動もできたのかもしれませんが、ボックス席に収まります。

 

f:id:ugteku:20151005123715j:plain

テーブルをセッティングしてもらって(気分が高まります)

 

f:id:ugteku:20151005123721j:plain

暑かったので、ダージリンの冷たいので、喉を潤します。

 

f:id:ugteku:20151005123718j:plain

f:id:ugteku:20151005123805j:plain

山椒魚のように、ボックス席から外の世界をキョロキョロと。

 

 

こちらがアフタヌーンティーセット(3300円)です。

f:id:ugteku:20151005123750j:plain

トラディッショナルなティースタンドではなく、コンテンポラリーな解釈のプレゼンテーションです。透明な重箱というコンセプトでしょうか。セイヴォリーとスイーツの2段です。

 

f:id:ugteku:20151005123737j:plain

順番的には、こちらが下段でしょうね。個人的にはキッシュが美味しいかったです。

 

f:id:ugteku:20151005123746j:plain

f:id:ugteku:20151005123757j:plainf:id:ugteku:20151005123800j:plainf:id:ugteku:20151005123803j:plain

パイナップルのタルトはけっこう珍しい。マカロン生地の中のクリームは改善の余地ありかなと思いました。

 

ボックスの外をみると、ほかのお客さんがゆったりと食事をしながら談話をしています。平日の昼間に頂くアフタヌーンティー。贅沢な時間でした〜

 

ブログランキングに参加しています。ブログ更新の励みとなります。記事を読まれて、面白かった、ためになったなどありましたら、クリックをお願いします!


海外旅行 ブログランキングへ