厚切りのふわふわのカヤトーストを食べよう! @ YY Kafei Dian(喜園珈琲店)

シンガポールの朝の定番メニューのカヤトースト。

 

「カヤ kaya」というココナッツミルク、卵、砂糖、パンダンリーフから作られたスプレッドをぬったトースト。もう大好物で、シンガポールでの朝食はこればかりだべている状態(笑)

 

普段はカリカリに焼いた薄めのカヤトーストを食べていたのですが、今回、ホテルの近くに、厚切りふわふわトーストのカヤトースト屋さんがあるということで、行ってきました。

 

f:id:ugteku:20171014130642j:plain

厚切りふわふわカヤトーストの代表格、YY Kafei Dian!

 

 

今回宿泊したインターコンチネンタルホテルラッフルズホテルからも程近いので、旅行中でも、気軽に行けそうなロケーションです。

 

 

 f:id:ugteku:20171014205755j:plain

さすが人気店、すでに行列ができていたのですが、実は、こちらは、カヤトーストではない別のテイクアウトの列でした。

 

 

カヤトーストをご希望の方は、こちらには並ばないようにご注意を!

 

 

 

f:id:ugteku:20171014205643j:plain

週末の9時ごろ行ったのですが、めちゃくちゃ混んでいる!という感じではなく、60パーセントぐらいという感じだったでしょうかね。

 

 

 

f:id:ugteku:20171014205834p:plain

カウンターにはセイバリーとスイーツがあります。

 

 

 

f:id:ugteku:20171014210012p:plain

こんな感じの甘いものも。そそります。

 

 

 

普通、カヤトーストの定番と言えば、カヤトースト、コピ、半熟卵ですが、甘いものに目が入ってしまい、半熟卵ではなく、いくつかスイーツと、暑かったので、アイスティーをお願いしました。注文もとてもスムーズで安心。

 

 

f:id:ugteku:20171014205904j:plain

お店のアーケードになっていて、そこにもテーブルといすが出されていて、とてもいい感じです。

 

 

f:id:ugteku:20171014205451j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20171014205620p:plain

私も、「せっかくなので、外だよね〜」ということで、上の写真の右に陣取ったのですが、暑くてダメそうだな…ということで、店内に移動です。

 

 

お店の中に入って、シンガポールの朝の感じを感じながら、旅行気分を味わいます。

 

ホテルの朝食もとても好きなのですが、Going localも良いものです。

 

 

 

f:id:ugteku:20171014205820p:plain

こちらがまず運ばれてきたもの。

 

右がアイスティー、左がスイーツ。

 

スイーツの方は見た目の通り、とても素朴な味で、美味しい。

個人的には、スイーツとお皿のミスマッチな感じが面白いなあと。

 

 

アイスティーも南国のあの甘いやつです。

これを飲むと、あーホリデイだなあと思う体になっています。

 

 

 

f:id:ugteku:20171014205954j:plain

そして、こちらがお目当のカヤトースト。

日本のランチパ◯クぐらいの大きさの厚切りのパン。

 

f:id:ugteku:20171014205933j:plain

真ん中で開くと、こんな感じ。

たっぷりのカヤジャムとバターが入っています。

 

カヤジャムは、ココナッツミルク、卵、砂糖、パンダンリーフを8時間ぐらい日本だものということ。パンもお店で焼いているそうですよ。

 

 

カリカリバージョンのカヤトーストも好きですが、この厚切りふわふわバージョンもとてもいいなあと思いました(というか、こちらの方が好きかも)

 

これだけ食べて、4ドルとかそんなもんですし、ローカルな感じもしっかり味わえるのなら、ホテルでうん十ドル払って食べるより、お得かもと思いました(ホテルの上級会員とかの特権で、朝食が付いているのなら別ですが)。

 

 

f:id:ugteku:20171014205719j:plain

美味しいカヤトースト

シンガポールに来る楽しみがまた増えました〜