【別のブログから】シンガポールのラッフルズホテルに泊まった「昔」の思い出。

昔書いた記事を別のブログから移動してきました。
中途半端に終わっている記事なのですが、思い出として、移行しました。
2015年の情報ですので、ご注意ください。
 
加筆は赤で示しています。
 
 
シンガポールも5度目の滞在です。

これまではIHG系のホテルに宿泊してきたのですが、
今回はちょっと奮発して、かのラッフルズホテルに宿泊してきました。
 
イメージ 1
 
シンガポールの顔、ですよね。
 
いつも周りを歩いたり、アーケードでショッピングをするだけでしたが、
今回は、初の宿泊となります。
 
とても素晴らしい体験をさせてもらったのですが、
チェックインの時、
 
「本日は、どう来られましたか?」
 
という問いに対して、元気よく、
 
「電車で来ました!」
 
は、ちょっとNGだっだようです・・・
 
なんか、「???」的な雰囲気になってしました。
公共手段を使用するのが私のスタイルですので💧
 
2019年は、その傾向が余計強まっている気がします。
 
 
 
案内された部屋は、本館の343号室でした。
 
イメージ 7
 
とっても有名なラッフルズホテル
一体どんな部屋なのか、わくわくします。
 
イメージ 1
 
歴史を感じさせる部屋です。天井がとにかく高い。
あちこち老朽化が目立ちますが(特にシンクの下はびっくりしました)
床がぎーぎーする感じ、新しいシティーホテルにはない味です。
 
イメージ 2
 
この部屋の特徴は、広いバルコニーがついていること。
ラッフルズの部屋ってスイート仕様なのかなと思っていたので、
あれ?という感じでした。
 
スイートの部屋を予約していたのですが…
ません、私の理解では、
スイートは、リビング(あるいは、応接間)と寝室がある感じなのですが?
 
雰囲気は大好きですし、悪くはないですが、
家族でちょっとスペースを分けたいなんて時には、不便かもしれませんね。
 
まさか、このバルコニーで寝るわけにはいかないですし…
 
私たちも、予約したスイートの部屋がいいとフロントにお願いしたのですが、
予約した部屋よりも良い部屋だし、本日は、他の部屋はございません!
 
という返答でした。
 
うーん、アップグレードはお願いしていないし、
予約した部屋がいいから予約しているのに、そういう対応は、
どうにかしてもらいたいもの。
 
しかも、ラッフルズの公式の予約サイトには、予約した部屋、
あてがわれた部屋は、同料金。
 
はっきり言って、そちらのルームアロケーションの問題なような気が…
 
とぶつくさ。
 
そうしたら、やっぱりTripAdvisorの体験談にも同じようなコメントが。
やっぱりそう思う人もいるよね。
 
まぁ、結局悪くはないので、いっか!とすぐに機嫌を直し、
そのバルコニーで、ウェルカムドリンクを頂きました。
 
いや、けっこうぶつくさ言っていた記憶が。
 
イメージ 5
 
アルコール類があまり得意でない私たち。
シンガポールスリングのアルコールなし、というお子様メニューを頂きました。
 
イメージ 6
 
バルコニーというか廊下というかよく分からないのですが、
天井が高い!
 
コロニアルな雰囲気たっぷりです。
 
このバルコニーですが、となりの部屋とも共有になっていて、
しきりみたいなもので仕切ってありますが、見え見えです。
 
なので、プライベート感を気にする人には向かないかも。
 
 
イメージ 3
 
ウェルカムフルーツもさすがのボリュームです。
 
イメージ 4
 
こういうコロニアルな絵が飾られていたり。
 
イメージ 8
 
そうそう、バトラーサービスもあります。
 
紅茶が飲みたくて、お願いをしたのですが、
2人がかりぐらいですんごいセットが来ました。
 
ちょっと気を使ってしまうぐらいに。
 
それから、ちょっと自己主張が強いかな。
 
私的には、シャングリラ・バンコククルンテープウィングのバトラーさんの方が、
フレンドリーで、人間味があって好きな感じです。
 
サービスが仰々しかったり、
あまり気取っているバトラーだとなんか用立てもしづらいし、
 
せっかくのバトラーサービスが使いづらい…
 
でも、それはおそたく私が庶民気質だから
 
なのかもしれません。
 
もうちょっとおじさんになったら、バトラーの使い方が
わかるかもーとも思ったのですが、全然わからず。
旅行に関しては、むしろ、せっせと部屋で洗濯をするとかが、
増えていますし。
 
 
そんなに泊まる機会もないでしょうから、ホテル内を探索しました。
 
イメージ 1
 
まずは、部屋出てすぐの吹き抜けです。
右端の方に見えるのがレセプションです。
 
イメージ 2
 
今回滞在した部屋のすぐ前の廊下です。
とても天井が高く、開放的です。
 
イメージ 3
 
館内のいたるところにソファーがあります。
ゆっくり歓談をするには、とても良いスペースですよね。
 
イメージ 4
 
色調はさすがです。
 
イメージ 6
 
イメージ 5
 
赤絨毯階段は、やっぱり素敵です。
 
イメージ 8
 
セレプションのある階です。
 
イメージ 9
 
ロビー階にある有名な時計。
このホテルの歴史を刻んできた時計だと思うのですが、
夜中でもゴーン、ゴーン、ゴーンと時を刻んでいるので、
夜はゆっくりと休みたいなという方は、本館は、パスした方がいいのかもと思います。
それから、朝食会場もある、本館。
朝になると人の声で起こされます…
 
イメージ 7
 
こちらは別館。
静かな雰囲気がとても素敵でした。
 
今度はこちらに泊まってみたいと思っています。
 
イメージ 10
 
陽が落ちてからの本館ロビー。
 
ラッフルズは観光地的な要素を含んでいるので、昼間はとても人がいますが、
夜になると優雅に静かでした。
 
この雰囲気は、歴史あるホテルのみに出せるものでした。
 
 
朝食について。
ホテルの朝食は大好きですが、今回は、ラッフルズということで、わくわくです。
 
イメージ 1
 
イメージ 3
 
頂くのは、本館にあるティフィンルームでございます。
別に朝早かったわけではないのですが、静かなものです。
 
イメージ 6
こちらは、公式ウェブサイトから、素敵な空間です。
 
選択肢もたくさんありましたが、一つ一つのレベルが非常に高かったです。
プレゼンテーションもどさーという大きなホテルにありがちな感じでななく、
素敵にもられていました。
 
イメージ 2
 
カトラリーも素敵です。
 
イメージ 5
 
パンケーキをお願いしました。
 
イメージ 4
 
窓の外のグリーンが素敵です。
 
きっと今日も暑くなるのでしょうが、
賑やかになる一日の最初をゆったりと始めるのは良いものですね。
 
さて、今日は何をしましょうか。
 
 
普段は、何もしないで、プールサイドでリラックスという感じなのですが、
今回は、旅行も終盤に掛かってきていたので、ショッピングに勤しみ、
プールサイドであまり時間を過ごすことはありませんでした。
 
イメージ 1
 
とにかく静か
 
たまに他の人がきて、ぴちゃぴちゃして帰るというような感じでした。
このすぐ前の滞在がシャングリラ・バンコククルンテープでしたので、
人の出入りや行き交う船の往来などのガヤガヤが、結構自分は好きなんだなと認識。
 
静かすぎるっていうのは、逆に、ホリデー感が出ないのかもしれませんね。
 
イメージ 2
 
奥の方にジャグジーも見えます。
 
イメージ 4
 
それにしても、この色調。
 
タオルまで一体感を出してくるとは、さすがです。
 
上で、逆に静かすぎるーとか生意気言っていましたが、
こんな空間を独り占めできるなんて、今思えば贅沢なものです。
 
プールサイドに座って、ウトウトしていたのですが、
目に入ってくるのは、この光景。
 
イメージ 3
 
ラッフルズのプールで水浴びをする、ハト。
 
贅沢な奴ら!
 
 
 
 
この記事、だいぶ昔に書いたのですが、なんだか文句も書いてあったりして、
なんだか生意気な旅行者だなあと😓
 
近頃は高級ホテルにも泊まらなくなり、
なんか文句も少なくなったような気がします。
 
ちょっとお金を払うと、たらたらと口から出てきてしまうのかもしれません。
おそらくこのホテルに泊まることはもうないのかなと思いますが、
思い出として、別のブログから、移行しました。
 
ここまで読んでくださいまして、有難うございました。