読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンコクの都会の隠れ家的ホテル「スコータイ・バンコク」宿泊記 その1 ー外観ー

バンコクには、次々に新しいホテルが建設され、

 

「どこも泊まりたい!」

 

と欲求がとまらないのですが、

 

個人的には、リピートしたいホテルには、やっぱり老舗のホテルが多いようです。

 

その中の一つ、今回は、こちらのホテルに宿泊をすることにしました。

 

サトーン通りにある、The Sukhothai Bangkok (ザ・スコータイ・バンコク)です。

 

前にも一度滞在しており、そのときは、一泊だけだったのですが、

あまりの心地よさに、再度宿泊という運びになりました。

 

でも、今回は、6泊なので、この老舗を十分に楽しむことができそうです。

 

*****

 

写真もたくさんあります。

少し長くなるかもしれませんが、どうぞおつきあいください!

 

*****

さて、このホテル、前述の通りサトーン通り沿いにあって、

 

最寄駅のルンピーニ駅から10分ぐらいでしょうか。

 

それなりに距離もあるので、暑いバンコク

 

汗だくになりたくはないわ!

 

という方は、タクシー移動ということになるかもしれません。

 

(私たちは、ばんばん歩いていましたが!)

  

ぼったくられたりちょっと面倒くさいバンコクのタクシーですが、

 

ドアマン含む、ホテルのスタッフがしっかりとタクシーの面倒をみてくれ、

 

使用したタクシーのナンバーや、連絡先なんかをしっかり書いてくれるので、

 

安心してタクシーに乗って出かけられます。

 

*****

 

前置きが長くなりましたが、サトーン通りから左折すると、

 

 

都会の喧騒を忘れさせてくれる別世界への入り口があります。

 

右側が歩行者専用通路です。

 

こちらは、反対側から見た様子です。

 

ホテルの入り口から建物まで結構距離があるので、静かなのですね。

 

向かって左側に見えるのは、ホテル併設のダイニングの一つ、「セラドン」です。

 

大変美味しいタイ料理のレストランで、

 

バンコクに来たときは、いつもお世話になっています。

 

今回のステイでも、ランチをいただきました。

 

そのときのレポートは、こちらからどうぞ。

 

 車は、こちらをぐるーと回って・・・

 

 

 

ここへ到着します。

 

外観は、白、赤茶、濃い南国の緑で統一されており、素敵です。

 

 

敷地自体は、大きなものではありません。

でも、一つ一つのものが、こだわりともって、丁寧に、しっかりとできているんです。

 

なので、都会の中の上質な隠れ家、といった感じ。

 

庭も大変きれいに整備されていて、気持ちいいです。

 

 こちらのホテルのシンボル的存在、蓮の花。大輪です。

 

 歩行者専用通路沿いには池があり、そこにも、蓮の花。

 

池は、それほど大きなものではないのですが、舟がつけてあったので、

 

「え? ここで、舟漕ぐ?」

 

と思っていたのですが、あくる日、おじさんが池の舟に乗りながら、

 

池の掃除をしていました。

 

なるほど、きれいに保つための努力だったのね、と感心。

 

 すぐ隣には、この薄っぺらい建物。

 

バンヤンツリーバンコクです。

 

最上階のルーフバーに行きたかったのですが、今回は、行けずじまい。

 

またバンコクに来る言い訳になっています(笑)

  

 こちらが私たちの宿泊した棟です。

 

レセプションのあるメインの建物の反対側にあります。

 

イタリアンレストランの「ラ・スカラ La Scala

 

それから、プール、プールバー、ジムなどの施設があります。

 

ラ・スカラ La Scalaでの食レポは、こちらからどうぞ。

 

 

さて、6泊7日に及ぶ「The Sukhothai Bangkok ザ・スコータイ・バンコク」での滞在、少しずつ紹介していきたいと思います。おつきあいください。

 

他にもこのホテルについて、以下の記事を書いていますので、ご覧ください。

バンコクの都会の隠れ家的ホテル「スコータイ・バンコク」宿泊記 その2 ー本館内部ー - 休みはバンコク旅行!

バンコクの都会の隠れ家的ホテル「スコータイ・バンコク」宿泊記 その3 ー部屋ー - 休みはバンコク旅行!

バンコクの都会の隠れ家的ホテル「スコータイ・バンコク」宿泊記 その4 ー朝食編ー - 休みはバンコク旅行!

バンコクの都会の隠れ家的ホテル「スコータイ・バンコク」宿泊記 その5 ープール編ー - 休みはバンコク旅行!