バンコクの都会の隠れ家的ホテル「スコータイ・バンコク」宿泊記 その3 ー部屋ー

今回の6泊7日のバンコク旅行のホテルは、「スコータイ・バンコクです」。

 

スコータイホテルには、いくつか建物がありますが、私たちの部屋は、レセプションがあるメインの建物の対面にある、私は勝手に「別館」と呼んでいる建物です。

 

 

 

なんか、どうしても、本館の方に泊まりたいな・・・なんて思ってもしまうのですが、こちらが別に悪いわけではないので、あしからず。

 

 

2年前に滞在したときには、違う棟に泊まりましたが、今回の、この「別館」も、非常にクオリティーの高いものでした。

 

 

別館を入って、本館の方を向いたところ。

 

 

こちらの、建物には、イタリアンレストランの「La Scala ラ・スカラ」、ジム、プールなどがあります。そんなわけで、本館の方に比べると、ちょっとリゾート感があるかなと思います。

 

 

 

イタリアンレストラン「La Scala ラ・スカラ」の入り口

 

こちらでのランチ体験は、こちらからどうぞ!

 

 

 

 

私たちの部屋は、5階でした。

 

このホテルは、低層の建築になっているので、5階とは言え上の方です。

 

いちおう、予約のときに高層階ということでお願いしてありました。

 

 

 

エレベーターで5階にあがるとこんな感じ。

 

格子状の窓があって、開放的な感じになっています。

 

毎朝、ドアをあけるたびに、バンコクの、あの独特な匂いと暑さを感じて、

 

 

「今日も、ゆっくりするぞー!!」

 

 

という休暇感を出してくれる構造になっていました。

 

 

穴から一枚。本館が見えます。

 

 

こちらの方にも、レリーフがあります。

 

 

さて、私たちの部屋は、エレベーターからそこそこの距離の部屋、594号室でした。

 

 

エレベーターの音がうるさいとか、そういうのはありませんでしたが、

 

ドアを離しても「ガタン」と自動的にしまってくれるものではなかったので、

 

自分で「バン!」としめなくてはならず、それは、お隣さんも同じだったようで、

 

朝になると、バタン、バタンという音が響いていたのは確かです。

 

 

でも、眠りを妨げるとか、イライラする、とか、そんなレベルじゃありませんでしたよ。

 

 

さて、ドアを開けて入室です!

 

 

 

・・・ご紹介! といきたいところなのですが、到着は、本当は、夜だったので、

 

あまりよい写真がなく・・・ 

 

かわりに、まずは、オフィシャルページから、写真をお借りました。

 

 

Source: http://www.sukhothai.com/jp/Gallery/Accommodation

 

デラックス・ルームです。

 

ホテルサイトの説明書きによると、45平米の広さで、プールに向いているということ。

 

私たちの実際の部屋もプールに面していたわけですが、説明書きを見る限り、デラックス・ルームは、すべてプールに面しているような感じ。私的には、メインの方にも、デラックスルームがあるのかな・・・なんて思っていたのですが、ちがうようですね。

 

ちなみに、今回は、Leading Hotelsの特権でアップグレードしてもらっています。

 

もともとの予約は、スーペリア・ルームでした。

 

 

なお、スコータイ・ホテルは、すでに、Leading Hotelsを離脱しているので、今後、該当ホテルリワードプログラムの特権は、適応されないようでした。

 

 

 

・・・大変残念です・・・

 

 

朝食が毎日無料だったのに・・・

 

 

 

部屋は、2人で一週間の滞在なら、私たちには、十分広く快適なものでした。

 

ルームメイクも、ターンダウンも、しっかりと複数人してくださり、スタッフの方も大変フレンドリーでよかったです!

 

 

 

暗かったので、画像が少し荒いですが、ベッドから窓までの様子。

 

 

連れのカバンが置かれていますが、この椅子も、部屋全体の色調と一体化していて、とても素敵でした。

 

 

 

テーブルの上には、フルーツの盛り合わせ。

 

毎日どっさりくれました。

 

 

大変美味しいマンゴーも時々くれましたよ。

 

 

 

こちらは、スコータイといえばのトリュフ。

 

ちゃんとホテルのロゴの形をしていますね。

 

 

これは一回っこっきりでした。どちらかといえば、こちらの方が毎日ほしかった。

 

 

 

部屋には、エスプレッソメーカーがあって、無料でいただけます。

 

これ作るの結構たのしいです(笑)

 

 

こちら、スコータイマグ。

 

前宿泊したときには、セラドン製でした。私的には、そちらの方が好きでしたね。

 

 

 

 

あまりきれいでなくてすみません・・・

 

窓側からの一枚です。

 

 

私のカバンの隣においてある緑色の物体は、ウェルカムギフトの像のぬいぐるみです。ちゃんとホテル内のショップで売っているものを使っています。

 

 

で、奥に見えるのが、バスです。

 

 

なんか使用後みたいになってしまっていますが、十分な深さ、水圧。一切文句はありませんでした。

 

 

 

 

アメニティーもたっぷり。ここには、ボディークリームしか写っていませんが、シャンプー、コンディショナー、バスジェルも、Elleでした。

 

 

でも、前宿泊したスイートのときには、ホテル独自のものだったと思います。

 

そっちの方がよかったかも。

 

 

 

シンクは、デラックスですが、2つ。この後ろに設置されています。

 

水も毎日余るほどたくさん下さるので、暑いバンコクといえども、脱水症状の心配は全くなしです(笑)

 

 

 

で、この部屋の素晴らしい点は、このサイズのクローゼットが2つあるということ。

 

バンコクなどに滞在しているときには、ちょっとドレスアップして出かけたいなんてこともあるので、多めに服を持って行っています。しかも2人ということになると、ちょっとスペースが必要ですよね。

 

服も一緒になりませんし、今回の旅行、このクローゼット2つ、大変重宝でした。

 

 

 

 

部屋からは、プールが見えます。

 

朝6時くらいのショットなので、誰もいませんが。

 

 

プールは、午前中は空いていて、午後になるとデッキの四分の一ぐらいが埋まるとか、そんな感じでした。

 

 

出かけて、部屋にもどって、プールサイドで爆睡、そして、出かけて、食べて・・・のような幸せ7日間でございました!

 

 

他にもこのホテルについて、以下の記事を書いていますので、ご覧ください。

バンコクの都会の隠れ家的ホテル「スコータイ・バンコク」宿泊記 その1 ー外観ー - 休みはバンコク旅行!

バンコクの都会の隠れ家的ホテル「スコータイ・バンコク」宿泊記 その2 ー本館内部ー - 休みはバンコク旅行!

バンコクの都会の隠れ家的ホテル「スコータイ・バンコク」宿泊記 その4 ー朝食編ー - 休みはバンコク旅行!

バンコクの都会の隠れ家的ホテル「スコータイ・バンコク」宿泊記 その5 ープール編ー - 休みはバンコク旅行!