訪問したことのある世界遺産【2020年1月追記】

ワタシ、世界遺産にしか行きません!

…とかそういうことでもないのですが、やっぱりできるかぎり色々なものを見てみたいなあと思っている世界遺産。これまでにどんな場所に行ったことがあるのか、以下、まとめています。赤字は追記で、本編のリストは下の方にあります。

 

 

追記(2019/7/9)

59) オーストラリアのゴンドワナ多雨林群(ツアーで土ボタル見てきました!)

 

追記(2020/1/20)

60) パガン遺跡(2019年12月に訪問)  

f:id:ugteku:20200120212827j:image
f:id:ugteku:20200120212812j:image
f:id:ugteku:20200120212842j:image

パガンってとっても広いということはわかっていましたが、うん、やっぱり広かった汗 連れと自転車を借りてあちこちの遺跡を観てまわることができて楽しかったです。

 

61) バリ州の文化的景観:トリ・ヒタ・カラナ哲学に基づくスバック灌漑システム

本当は2019年1月に訪問していたのですが、追加するのを忘れており…。2020年1月にもバリに行ってきたので、その時に、タマンユアンやジャティルイの棚田なども観てきました。

f:id:ugteku:20200120212902j:image
f:id:ugteku:20200120212919j:image

 車をチャーターして、タマンアユン寺院、ジャティルイの棚田、そして、最後にタナロット寺院と行ってきました。

 

f:id:ugteku:20200120213958j:image

タナロット寺院からの夕日は本当に印象的でした。

 

 

ここからが世界遺産訪問リスト

1) 日光の社寺
2) 法隆寺地域の仏教建造物
3) 古都奈良の文化財
4) 古都京都の文化財京都市宇治市大津市
5) ウェストミンスター宮殿ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会
6) ロンドン塔
7) パリのセーヌ河岸
8) プラハ歴史地区
9) 自由の女神像
10) グレーター・ブルー・マウンテンズ地域
11) シドニーオペラハウス
12) 古都アユタヤ
13) 古代都市スコタイと周辺の古代都市群
14) アンコール
15) マラッカとジョージタウンマラッカ海峡の古都群
16) 白川郷・五箇山の合掌造り集落白川郷のみ)
17) フエの建造物群
18) ハー・ロン湾
19) ホイ・アンの古代都市
20) ミー・ソン聖域
21) フォン・ニャ=ケー・バン国立公園
22) ルアン・パバン市街
23) 王立展示館とカールトン庭園
24) 華城
25) 宗廟
26) 慶州歴史地域
27) 石窟庵と仏国寺
28) グレート・バリア・リーフ
29) クインズランドの湿潤熱帯地域
30) 琉球王国のグスク及び関連遺産群
31) 原爆ドーム
32) 厳島神社
33) キナバル自然公園
34) ドン・パヤーイェン ‐ カオ・ヤイ森林群
35) テ・ワヒポウナム
36) ウルル-カタ・ジュタ国立公園
37) 富士山
38) 富岡製糸場と絹産業遺産群
39) 平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―
40) 姫路城
41) 明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業
42) オーストラリアの囚人遺跡群(コッカトゥー島のみ)
43) バリ州の文化的景観 : トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム(ウルン・ダヌ・バトゥール寺院のみ)
44) シンガポール植物園
45) 紀伊山地の霊場と参詣道
46) イスタンブール歴史地域
47) ギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群
48) ヒエラポリス-パムッカレ
49) エフェソス
50) アーグラ城塞
51) タージ・マハル
52) ファテープル・シークリー
53) デリーのフマーユーン廟
54) デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群
55) 赤い城の建造物群
56) ジャイプルのジャンタル・マンタル
57) ボロブドゥル寺院遺跡群
58) プランバナン寺院群

 

世界遺産が多いのは、ヨーロッパがあると思うのですが、あんまりヨーロッパに行けておらず、思ったほどたくさんの世界遺産を見たことがないのねという感じでしょうか。

 

良かったのは、やっぱりアンコール、ボロブドゥルイスタンブール、タージマハルとか王道という場所かなあと思います。

 

数ではないとは思いますが、これからも旅行の一つの楽しみ方として、世界遺産訪問をしていきたいと思っています。

2020年の旅行の計画!

みなさま、明けましておめでとうございます!

今年のお正月ですが、大好きなバンコクで迎えることができました!

 

f:id:ugteku:20200120073347j:image

 

2020年も、いろいろな場所を旅行したい!ということで、一年の最初の日に、ちょっと考えを書いておこうと思います(計画倒れになることも多々あるとは思いますが)

 

今現在決まっているものはとても少なく、10月に仕事でマカオに5日ほど滞在することが決まっています。2016年の夏に行ったマカオ、その時は世界遺産巡りという感じだったので、あちこち歩き回っていました。美味しいもの、たくさん、食べることができましたが、今回も仕事とは言え、ご飯はたらふくいただきたいなと思っています。

 

f:id:ugteku:20191118204920j:plain

f:id:ugteku:20191118204945j:plain

マカオ世界遺産も良かったけれど、やっぱりスイーツだったなあ。

 

あとはどこに行こうかしら…?

今年はちょっと仕事でちょっと大切な年になりそうなので、バーン!と長く、どこかへ逃亡してしまうと、仕事の方でとちってしまいそうなので、長期休暇も丸々どっかいく!ではなくて、ちょっと休みに行かせてもらってリラックスモードで仕事もする!みたいな感じにしようかなと思っています(おー!なんか面白そうなチケットある!ポチッといかないように気をつけなければなりません!)

 

ちょっとサクッと行ってきたいなあと思っているのが、ネパール。ずっと行ってみたいと思っているところ。最近は仕事で疲れてるし近場でのんびりしよーよ…という旅行が多くなってきてしまっているので、ちょっとワクワクドキドキするような旅行をしてみたいね、という話がうちで出てきています。でも、多分、ネパールだけではちょっとバタバタ行ってきて、疲れて帰ってくる…みたいな感じになってしまうと思うので、東南アジア経由(シンガポールかなあ)にして、帰りは2泊ぐらい、だらーっとできる旅程にできれば、という感じです。

 

それから、日本もあちこち行ってみたいなと思っています。そういえば、石垣島とか離島にはよく行ったりするけど、沖縄本島にはあんまり行ったことがないよね?ということで那覇を中心に回っていたいと思っています。

 

あとは、ニューカレドニア。去年フィジーに行ってけっこう楽しかったので、なんとなく同じ方向(?)ニューカレドニアに行きたい! ちょっとあれやこれやとしなくてはならないこともあるので、長くはいけないのですが、1週間ぐらい。ヌメアイルデパンぐらいに少しずつ滞在できると良いのですが、ちょっと高いんですよね… 旅行予算とツレと要相談という感じです。

 

お正月は、暖かいところで過ごしたいので、バンコクになるのかなあ。でも、それだけだとつまらなくなってしまうので、もう2箇所ぐらいでしょうか。台湾経由にしたり、バンコクからまだ行ったことのないスリランカに行くのもおもしろいのかもしれない。

 

計画というか妄想もくもくの世界になってしまいました😅

【別のブログから】シンガポールのラッフルズホテルに泊まった「昔」の思い出。

昔書いた記事を別のブログから移動してきました。
中途半端に終わっている記事なのですが、思い出として、移行しました。
2015年の情報ですので、ご注意ください。
 
加筆は赤で示しています。
 
 
シンガポールも5度目の滞在です。

これまではIHG系のホテルに宿泊してきたのですが、
今回はちょっと奮発して、かのラッフルズホテルに宿泊してきました。
 
イメージ 1
 
シンガポールの顔、ですよね。
 
いつも周りを歩いたり、アーケードでショッピングをするだけでしたが、
今回は、初の宿泊となります。
 
とても素晴らしい体験をさせてもらったのですが、
チェックインの時、
 
「本日は、どう来られましたか?」
 
という問いに対して、元気よく、
 
「電車で来ました!」
 
は、ちょっとNGだっだようです・・・
 
なんか、「???」的な雰囲気になってしました。
公共手段を使用するのが私のスタイルですので💧
 
2019年は、その傾向が余計強まっている気がします。
 
 
 
案内された部屋は、本館の343号室でした。
 
イメージ 7
 
とっても有名なラッフルズホテル
一体どんな部屋なのか、わくわくします。
 
イメージ 1
 
歴史を感じさせる部屋です。天井がとにかく高い。
あちこち老朽化が目立ちますが(特にシンクの下はびっくりしました)
床がぎーぎーする感じ、新しいシティーホテルにはない味です。
 
イメージ 2
 
この部屋の特徴は、広いバルコニーがついていること。
ラッフルズの部屋ってスイート仕様なのかなと思っていたので、
あれ?という感じでした。
 
スイートの部屋を予約していたのですが…
ません、私の理解では、
スイートは、リビング(あるいは、応接間)と寝室がある感じなのですが?
 
雰囲気は大好きですし、悪くはないですが、
家族でちょっとスペースを分けたいなんて時には、不便かもしれませんね。
 
まさか、このバルコニーで寝るわけにはいかないですし…
 
私たちも、予約したスイートの部屋がいいとフロントにお願いしたのですが、
予約した部屋よりも良い部屋だし、本日は、他の部屋はございません!
 
という返答でした。
 
うーん、アップグレードはお願いしていないし、
予約した部屋がいいから予約しているのに、そういう対応は、
どうにかしてもらいたいもの。
 
しかも、ラッフルズの公式の予約サイトには、予約した部屋、
あてがわれた部屋は、同料金。
 
はっきり言って、そちらのルームアロケーションの問題なような気が…
 
とぶつくさ。
 
そうしたら、やっぱりTripAdvisorの体験談にも同じようなコメントが。
やっぱりそう思う人もいるよね。
 
まぁ、結局悪くはないので、いっか!とすぐに機嫌を直し、
そのバルコニーで、ウェルカムドリンクを頂きました。
 
いや、けっこうぶつくさ言っていた記憶が。
 
イメージ 5
 
アルコール類があまり得意でない私たち。
シンガポールスリングのアルコールなし、というお子様メニューを頂きました。
 
イメージ 6
 
バルコニーというか廊下というかよく分からないのですが、
天井が高い!
 
コロニアルな雰囲気たっぷりです。
 
このバルコニーですが、となりの部屋とも共有になっていて、
しきりみたいなもので仕切ってありますが、見え見えです。
 
なので、プライベート感を気にする人には向かないかも。
 
 
イメージ 3
 
ウェルカムフルーツもさすがのボリュームです。
 
イメージ 4
 
こういうコロニアルな絵が飾られていたり。
 
イメージ 8
 
そうそう、バトラーサービスもあります。
 
紅茶が飲みたくて、お願いをしたのですが、
2人がかりぐらいですんごいセットが来ました。
 
ちょっと気を使ってしまうぐらいに。
 
それから、ちょっと自己主張が強いかな。
 
私的には、シャングリラ・バンコククルンテープウィングのバトラーさんの方が、
フレンドリーで、人間味があって好きな感じです。
 
サービスが仰々しかったり、
あまり気取っているバトラーだとなんか用立てもしづらいし、
 
せっかくのバトラーサービスが使いづらい…
 
でも、それはおそたく私が庶民気質だから
 
なのかもしれません。
 
もうちょっとおじさんになったら、バトラーの使い方が
わかるかもーとも思ったのですが、全然わからず。
旅行に関しては、むしろ、せっせと部屋で洗濯をするとかが、
増えていますし。
 
 
そんなに泊まる機会もないでしょうから、ホテル内を探索しました。
 
イメージ 1
 
まずは、部屋出てすぐの吹き抜けです。
右端の方に見えるのがレセプションです。
 
イメージ 2
 
今回滞在した部屋のすぐ前の廊下です。
とても天井が高く、開放的です。
 
イメージ 3
 
館内のいたるところにソファーがあります。
ゆっくり歓談をするには、とても良いスペースですよね。
 
イメージ 4
 
色調はさすがです。
 
イメージ 6
 
イメージ 5
 
赤絨毯階段は、やっぱり素敵です。
 
イメージ 8
 
セレプションのある階です。
 
イメージ 9
 
ロビー階にある有名な時計。
このホテルの歴史を刻んできた時計だと思うのですが、
夜中でもゴーン、ゴーン、ゴーンと時を刻んでいるので、
夜はゆっくりと休みたいなという方は、本館は、パスした方がいいのかもと思います。
それから、朝食会場もある、本館。
朝になると人の声で起こされます…
 
イメージ 7
 
こちらは別館。
静かな雰囲気がとても素敵でした。
 
今度はこちらに泊まってみたいと思っています。
 
イメージ 10
 
陽が落ちてからの本館ロビー。
 
ラッフルズは観光地的な要素を含んでいるので、昼間はとても人がいますが、
夜になると優雅に静かでした。
 
この雰囲気は、歴史あるホテルのみに出せるものでした。
 
 
朝食について。
ホテルの朝食は大好きですが、今回は、ラッフルズということで、わくわくです。
 
イメージ 1
 
イメージ 3
 
頂くのは、本館にあるティフィンルームでございます。
別に朝早かったわけではないのですが、静かなものです。
 
イメージ 6
こちらは、公式ウェブサイトから、素敵な空間です。
 
選択肢もたくさんありましたが、一つ一つのレベルが非常に高かったです。
プレゼンテーションもどさーという大きなホテルにありがちな感じでななく、
素敵にもられていました。
 
イメージ 2
 
カトラリーも素敵です。
 
イメージ 5
 
パンケーキをお願いしました。
 
イメージ 4
 
窓の外のグリーンが素敵です。
 
きっと今日も暑くなるのでしょうが、
賑やかになる一日の最初をゆったりと始めるのは良いものですね。
 
さて、今日は何をしましょうか。
 
 
普段は、何もしないで、プールサイドでリラックスという感じなのですが、
今回は、旅行も終盤に掛かってきていたので、ショッピングに勤しみ、
プールサイドであまり時間を過ごすことはありませんでした。
 
イメージ 1
 
とにかく静か
 
たまに他の人がきて、ぴちゃぴちゃして帰るというような感じでした。
このすぐ前の滞在がシャングリラ・バンコククルンテープでしたので、
人の出入りや行き交う船の往来などのガヤガヤが、結構自分は好きなんだなと認識。
 
静かすぎるっていうのは、逆に、ホリデー感が出ないのかもしれませんね。
 
イメージ 2
 
奥の方にジャグジーも見えます。
 
イメージ 4
 
それにしても、この色調。
 
タオルまで一体感を出してくるとは、さすがです。
 
上で、逆に静かすぎるーとか生意気言っていましたが、
こんな空間を独り占めできるなんて、今思えば贅沢なものです。
 
プールサイドに座って、ウトウトしていたのですが、
目に入ってくるのは、この光景。
 
イメージ 3
 
ラッフルズのプールで水浴びをする、ハト。
 
贅沢な奴ら!
 
 
 
 
この記事、だいぶ昔に書いたのですが、なんだか文句も書いてあったりして、
なんだか生意気な旅行者だなあと😓
 
近頃は高級ホテルにも泊まらなくなり、
なんか文句も少なくなったような気がします。
 
ちょっとお金を払うと、たらたらと口から出てきてしまうのかもしれません。
おそらくこのホテルに泊まることはもうないのかなと思いますが、
思い出として、別のブログから、移行しました。
 
ここまで読んでくださいまして、有難うございました。
 

フィジーで旅ラン(16キロ) 暑くて大変でした💧

2019年はランニングにハマりまして(怪我をしたり…そんなこともありましたが汗)、旅行に行っても走れるところを探しては走っています。

 

今回フィジーに行った時にも見つけた16キロのコース、ナンディのクィーンズロード、そして、ナディバックロードをぐるっと走ってくるというコースです。

 

f:id:ugteku:20191117100853j:image

こちらが実際に走ったコース。

コースを調べた時にはこんなものかという感じだったのですが、実際に走ってみると、暑いし…けっこうガツンとくるコースでした。座骨神経痛の方も絶好調で(?)悪く、うーん、ケアを色々と考えないといけないなということを学んだフィジー滞在でもありました。

 

ホテルは、以前の記事でも書きましたが、Cawaというクィーンズロードから一本入った通り。サクッとクィーンズロードへと出て、走り始めます。

 

f:id:ugteku:20191117100905j:image

クィーンズロードを南下していきます。なかなか広い通り。

ナンディタウンの方に入っていくわけですが、ちょうど登校の時間だったみたいで、バス停に子供達がたくさん待っている感じ。こんな暑い国で、汗だくのアジア人の中年男性が走っているのが珍しいのかw、不思議そうに見つめる人が半分いたりしたのですが、さすがはフレンドリーなフィジー人、「ブラー!」と声をかけてきてくれます! なんだかとっても嬉しいです。

 

f:id:ugteku:20191117100846j:image

ナンディタウンを通り抜けると、スリ・シヴァ・スブラマニヤ・スワミ寺院。今回は、時間がなくて、ナンディタウンの方にほとんど行けずじまいだったので、ちょっと観光できた感じで、テンション上がります。ここで左に右折していくのですが、交差点にはおまわりさん。そのおまわりさんのとってもフレンドリーでいい感じです。




f:id:ugteku:20191117095726j:image

フィジーといえば、このシュガーケイン(サトウキビ)トレイン(の線路)。こちらに沿って、ランニングを続けます。


f:id:ugteku:20191117095741j:image

ナンディバックロードに入っていきます。こちらは、名前の通り「裏道」という感じ。あんまり写真では伝わっていないと思いますが、めちゃくちゃ暑い💦


f:id:ugteku:20191117095734j:image

線路がどんどん続いきます。


f:id:ugteku:20191117095700j:image

入ってはいけません!という看板も見当たらなかったし、子供たちの通学路にも使われているようなので、ちょっと入り込んで、走らせてもらいました。道路の方は、歩道がほぼなくて危ない感じでした。

 

f:id:ugteku:20191117095715j:image

線路ビューンです。かなり暑い💧

考えてみれば、こういうめちゃくちゃ暑い環境の中で走ってないので、けっこう大変でした。


f:id:ugteku:20191117095708j:image

時々橋もあったりして、楽しい。



f:id:ugteku:20191117100911j:image

ナンディのインターナショナルスクール。国際バカロレアのカリキュラムも提供しているようですね。

f:id:ugteku:20191117095720j:image

あんまり暑くて途中でアイス購入。フィジーのブランドでしょうか、Tucker'sのアイス。国際ブランドのお高いアイスも手に入りますが、私的には、こういう現地のものが好きです。なんかとっても懐かしいチョコレートクランキー味でした。



f:id:ugteku:20191117100858j:image

このあと、空港の方をまわって、宿泊先に向かって帰ります。空港からの道は、日陰がなく、ますます暑く、やばかったです。ちょくちょく休みながら、スーパーとかで休みつつ、なんとか16キロ、走りきりました。

 

今回のランニングは暑くてとてもきつかったですが、旅行先で走るってやっぱり特別な感じがして好きです。観光だけではわからない、いろいろなことが見えてきたり、走ることによって方向がよくわかってきたり。時間はかかるけれど、その分、私にとってはとても贅沢な時間のように感じています。

 

ugteku.hatenablog.com

 

フィジーでホリデーハウスに泊まる! 「プラティナム・カワ・アパートメンツ」宿泊記。

そういえば、行ったことないね!

ということで、2019年は、フィジーに行ってきました。

(最近はいつも同じところにばかり行っているので、もっと新しいところにも行きたいなという感じです。フィジー21カ国目となります)

f:id:ugteku:20191116195305j:image

今回は、ヴァージンオーストラリアでやってきました。

なんかLCC的な認識がありますが、フルサービスキャリアですごく快適でした。

空の上から見たフィジーは、あちこちで煙が上がっていて、なんだろうと思っていたら、さとうきび畑を燃やしていたんですね。飛行機を降りると、その煙の匂いになんとなく懐かしさを覚えました。

 

空港から宿泊先までは、タクシー移動。

知り合いからフィジーのタクシーとかぼられる時もあるよ〜とか言われていましたが、そんなこともなく、ドライバーさんとお話をさせてもらいながら、楽しく移動しました。

 

場所はメインの通りの クィーンズロードからちょっと入ったところ。

 

今回は1週間フィジーに滞在予定だったのですが、最初の3日の宿泊先は、こちらの「プラチナム・カワ・アパートメンツ」

f:id:ugteku:20191116194942j:image

ホリデーハウスという感じでしょうかね。Agodaで予約しました。

f:id:ugteku:20191116194823j:image

普通の家という感じですかね。

こちらに3部屋ぐらい(?)あったかなと思います。

 

f:id:ugteku:20191116194919j:image

私たちの部屋の入り口。一番奥の部屋になります。

 

f:id:ugteku:20191116194818j:image

あんまり良い写真がないのですが、入るとまずリビングエリアがあります。2ベッドのお部屋で、105平米と、かなり広いと思います。

 

f:id:ugteku:20191116195124j:image

キッチンもありますので、料理もできます。今回は、3日間だけの滞在ですが、ゆっくりするには、良いですよね。

 

f:id:ugteku:20191116194845j:image

うちにあるのよりも100倍優秀な冷蔵庫。

 

f:id:ugteku:20191116194828j:image

余談ですが、歩いて15分ぐらいのところに大きなスーパーもありますので、買い出しをして、料理してっていうのもすごく楽しいのかなと思います。次はもっと長く滞在したいなあ。

 

f:id:ugteku:20191116194924j:image

スーパーで、色々とお土産買ってきました。フィジーのお菓子シリーズ、美味しかったです。

 

f:id:ugteku:20191116194901j:image

それから大きなテレビ。うちにはテレビがないので、あるだけで、素晴らしいですw

 

f:id:ugteku:20191116194913j:image

2ベッドなので、これと同じような部屋がもう一つあります。


f:id:ugteku:20191116194839j:image
それから、洗濯機(その隣には写っていませんが、乾燥機)。長期滞在には本当に便利ですよね。この次の滞在はホテルになるので、移動の前に全て洗濯していきました。

f:id:ugteku:20191116194931j:image

それから、プールも付いています。3部屋とかそんなぐらいしかないので、いつも貸切状態という感じです。いちおう毎日掃除が入っているようでした。



f:id:ugteku:20191116194850j:image
左の壁が我々の部屋。

 

f:id:ugteku:20191116195118j:image

最初の朝はスーパーに行くことができなかったので、コーナーショップで買ってきた、ブリオシュ、バター、桃缶で質素に食べました。でも、暖かいフィジーの雰囲気の中で、食べる朝食はやっぱり美味しかったです。

 

f:id:ugteku:20191117094014p:plain

ちょっと私の写真ではわかりにくいので、Booking.comから拝借してきました。これ見て思い出しましたが、ジムも付いていました。こちらも貸切でしたね。

f:id:ugteku:20191116194937j:image
宿泊先の道はこんな感じ(ちょっと暗い汗)

周りには何があるというわけでははないのですが、ちょっと歩ければ、レストランとかもちらほらとある感じ。近くになんでもないと!という方にはあまり良いロケーションではないかもしれませんが、ちょっとローカルな雰囲気を味わいながら散歩したいねーという人には良い距離感もしれません。ホテルのスタッフの方もすごく親切で、素敵な滞在になりました。

 

最近、ホテルよりもサービスアパートなど、広めのアコモに滞在するようなことが多くなってきている感じがあります。短い滞在ではありますが、少しでも滞在型の旅行ができればいいなあと思っています。

広くて良いかも! メルボルンでサービスアパート「エクスペリエンス ベラ ホテル アパートメンツ 」に宿泊してみた。

メルボルンで野暮用があり、5日間とか短い期間だったのですが、今回はちょっと仕事もしなくてはならず汗 さらに連れも一緒にいたので、部屋一つだとキツイ。ということで、ワンベッドのサービスアパートに宿泊することにしました。値段も一泊朝食付きで1万円ちょっとという感じだったので、広さにしては、お得感があったかなと思います。

 

f:id:ugteku:20191114205115j:plain

場所はヤラ川の南側、サウスバンクと呼ばれるエリア。空港からスカイバスでサザンクロス駅に移動。トラムで宿泊先に向かうことにしました(メルボルンのトラム、大好きです!) 市内に泊まるのもいいけれど、こうやってトラムで移動しつつ、メルボナー(メルボルンに住んでいる人たちのこと。シドニーに住む人は、はシドニーサイダーと呼ばれていますね)の生活を垣間見るというのも面白いのかもしれません。

 

f:id:ugteku:20191114205130j:plain

メルボルンと言えばこのMykiカード! Mykiカードにはそれ自体に有効期限があるようなので、注意が必要です。

 

f:id:ugteku:20191114204825j:plain

メルボルンを東西に流れるヤラ川。メルボルンらしい光景ですね。

 

さて、前述の通り、宿泊先は、サウスバンク。ヤラ川の南側、サウスバンクを斜めに走る「シティロード」沿いあります。地図でよくよくみてみると、メルボルンのおしゃれエリアの一つ、サウスヤラにもなんとなく近くて良い感じです。

 

f:id:ugteku:20191114204940j:plain

今回宿泊する「エクスペリエンス ベラ ホテル アパートメンツ 」の入り口。シティロード自体は幹線道路なので、可愛らしい街並みっ! とかそういう感じではないのですが、近くにスーパーもあるので、便利かなと思います。

 

f:id:ugteku:20191114204856j:plain

ちょっと暗いですが、道路を挟んで撮ってみるとこんな感じの高いビルディング。サウスバンクにはこういう高層ビルが多いなあと思います。

 

f:id:ugteku:20191114204926j:plain

見上げてみるとこんな感じ。

 

一階でチェックインを済まし、部屋に向かいます。何階だったかは覚えていないのですが、けっこう上の方だったかなと記憶しています。

 

今回私たちが宿泊したのは、エグゼクティブ・ワンベットアパートメントというカテゴリーで、下から数えて2番目になります。一番下のカテゴリーは、ワンベッドルーム・アパートメントとなっていて、35平米。我々のは、50平米でした。35だとホテルという感じですが、50だとちょっと広いなあと個人的には感じます。

f:id:ugteku:20191114204518j:plain

まず、部屋に入るとキッチンエリアがあって、料理をすることができます。旅行中は料理をすることはないのですが、お茶を飲む以上のことはけっこうしたりするので、こういうスペースがあるのは本当に便利。食器なんかも自分たちでちゃかちゃかと洗ってしまうことができますしね。

 

f:id:ugteku:20191114204620j:plain

今回の旅行では、メロボルン在住の友達と夜な夜なレストランに食べに行ったりもしていましたが、1日だけお寿司。オーストラリアでよくみる寿司ロール。私は嫌いではありません。

 

f:id:ugteku:20191114204450j:plain

キッチンの隣にダイニングエリア。部屋には仕事用のデスクもありましたが、壁に向かってつけているタイプのデスクはあんまり好きではないので、こちらのテーブルで、仕事をしていました。


f:id:ugteku:20191114204358j:plain

リビングスペース。私の個人的な嗜好ですが、ベッドに入ってテレビを見たい時と、ソファに座ってテレビを見たい時があるので、やっぱりリビングエリアがあるのは良いですね。でも、ホテルでスイートに宿泊しよう!とまではいかないタイプなので、1万円ちょっと値段で、ワンベッドというのは私にとって理想的です。

 

f:id:ugteku:20191114204433j:plain

ちょっと切れてしまっていますが、バルコニーもあります。

 

f:id:ugteku:20191114204601j:plain

よくイッテQなんかで出てくるユーレカタワーも見えますね。ユーレカタワーのちょっと向こうがヤラ川ですので、歩くとちょっと時間がかかるかも。私の足で、20分とかそんな感じでした。

 

f:id:ugteku:20191115172049j:plain

歩いて20分ほどでフリンダースストリート駅。オーストラリアで最初に建てらてた駅舎なのですね。

 

f:id:ugteku:20191114204504j:plain

こちらがベッドルーム。クイーンサイズとなっていましたが、なんだか小さい感じがします。奥にはけっこう大きめのクローゼットがあって、今回は、珍しくジャケットなんかも持っていく旅行だったので、重宝しました。

 

f:id:ugteku:20191114204703j:plain

サービスアパートを選ぶ理由の一つが洗濯機があること(が多いこと) 荷物をあんまり持って旅行をするのが好きではないので、洗濯機があると助かります。うちに帰ってからも、洗濯物の山に囲まれる心配も無用です。

 

f:id:ugteku:20191114204646j:plain

洗剤も付いていましたが、日本で買って残ってた洗剤。やっぱり日本の洗剤は秀逸!

 

f:id:ugteku:20191114204631j:plain

それから小さいながらもジムもありました。で、旅行中に食べ過ぎたものをトレッドミルの上で消化するのも良いと思うのですが、私的には、近所の公園に走りに行くのも良いかなと思います。

 

f:id:ugteku:20191115175019j:plain

走って15分ぐらいのところにあるアルバートパーク

 

f:id:ugteku:20191115175031j:plain

縦長の池の周りを走れるようになっていて、平らだし、すごく走りやすかったです。

 

f:id:ugteku:20191115175040j:plain

ちょっとだけ走ろうかなと思っていたのですが、気づけば黄昏時に。なかなか良い雰囲気でした。


で、旅行の楽しみといえば、ホテルの朝食なのですが(サービスアパートですが)、今回の宿泊の朝食会場は、併設のカフェでした。いくつかのメニューの中から好きなものを選んで注文するというタイプ。ホテルの朝食ブッフェも良いけれど、自分で選べるスタイルというのも良いなあと。

f:id:ugteku:20191114204713j:plain

f:id:ugteku:20191114204730j:plain

毎日おいしく元気に朝食いただきました。

 

f:id:ugteku:20191114204744j:plain

メルボルンと言えばカフェ文化の街。今回も滞在中たらふくコーヒーをいただきましたが、やっぱり美味しいなあと思います。

 

これまではメルボルンに来るときにはまあ普通にホテルに滞在していたのですが、今回、初めてサービスアパートに宿泊して、うん、悪くないなあと思いました。私たちの旅のスタイルにはあっているかなと。素敵なホテルがたくさんあるメルボルン、ちょっとリッチな気分を味わいたいとかいう時には、ホテルがいいのかなと思いますが、滞在型にはこちらの方がゆったりできるし、お財布にも優しいのかなと思います。

マレーシア航空で、デリーからクアラルンプール

インド旅行からの帰り、マレーシア航空でデリーからクアラルンプールまでの搭乗記です。自分的にはあまり乗らない路線なので備忘録用に。

 

f:id:ugteku:20190717105642j:plain

ベストセラー、ロングセラーのB737です。

 

f:id:ugteku:20190717105616j:plain

 

f:id:ugteku:20190717110848j:plain

 

f:id:ugteku:20190717105740j:plain

満8歳のようなのですが、毎日6レグぐらい飛んでるようで、なかなか年季が入っております。

 

f:id:ugteku:20190717105702j:plain

 

f:id:ugteku:20190717105615j:plain

お酒飲めないマンなので、グァバジュースにしました〜

 

f:id:ugteku:20190717111524j:plain

出発は13:10の予定だったのですが、結局14:27の出発となりました。

 

f:id:ugteku:20190717105657j:plain

さようなら、インド! また来ます!

 

f:id:ugteku:20190717111656j:plain

こう見るとやっぱり大気汚染がすごいのかも。

 

f:id:ugteku:20190717105805j:plain

 

 

f:id:ugteku:20190717105719j:plain

気圧の関係でパンパン!

 

f:id:ugteku:20190717111534j:plain

メニューをもらいました。

 

f:id:ugteku:20190717105718j:plain

前菜はチキンとラムのサテー。このチキンがとても美味しかった〜

 

f:id:ugteku:20190717105810j:plain

CAさんの所作、すごくエレガントで素敵でした。

 

f:id:ugteku:20190717105727j:plain

インド旅行中、ずっとカレーを食べていたのに結局チキンカレーをチョイス。やっぱり普段あんまり食べないものを食べていよね!ということで。

 

f:id:ugteku:20190717105722j:plain

なんだかインド旅行に感化されたのがボリウッド映画をチョイス。伝統的で頑固者のお父さんが奥さんに逃げられ、改心して、奥さんとの生活を取り戻そうとするもの。突然歌い出す感に困惑するものの、エモーショナルに語りかける内容で、すごく良かったです。

 

f:id:ugteku:20190717112631j:plain

出発が遅れましたので遅れてKLに到着。荷物を受けとってKLIA Expressで市内に向かいます!