シドニーのビーチエリアにある Crowne Plaza Coogee Beachをちょっと…

シドニーのホテルって、やっぱり街中なんでしょうかね。

オーストラリアらしさってビーチライフにもあったりするので、たまには、こんなビーチ周りに泊まるのもいいかなと思います。宿泊したのは、ちょうど一年前の今日。月日の流れるのはとっても早いものですね。

 

f:id:ugteku:20180708172751j:plain

 

クージービーチに面したクラウンプラザです。

 

f:id:ugteku:20180708172921j:plain

 

こちらのホテルにはバルコニー付きのお部屋はありまして、せっかくなら、ここにということで選びました。宿泊したのは冬だったのですが、天気の良いシドニー、昼間なら冬でもぽかぽかあたたかいことも。

 

さすがに冬なので泳いでいる人はいないようですが、ビーチを散歩したり、バーベキューエリアで肉焼いたり、ビール飲んだりという過ごし方もオーストラリアの休日らしくていいかなと思います。

 

f:id:ugteku:20180708173420j:plain

 

この景色を眺めながら、バルコニーでまったりというのもありかもしれません。

 

f:id:ugteku:20180708173453j:plain

 

ショッピングモールも近くにありますので、暮らすように旅行というものできます。クージーの街並み。

 

f:id:ugteku:20180708173444j:plain

 

街中のホテルからの景色とはだいぶ違いますね。

 

f:id:ugteku:20180708173504j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180708173401j:plain

 

部屋はそれなりに広くて快適でした。

 

f:id:ugteku:20180708173529j:plain

クージービーチには、美味しいカフェなんかもありますので、ホテルの朝食!ではなく、ローカルなカフェにお邪魔するというのもいいですね。街中ホテルかちょっと離れたローカルエリアのホテルがいいか、好みが分かれるところではありますが、個人的には、こっちの方が好きかあと思います。

バンコク旅行で買ったもの!

ショッピングってあんまり得意な方じゃないんですけど、バンコクにくるとちょっと買い出し〜っていう軽い感じで買っています。前々回のバンコク旅行で買ったもの。10日間ぐらい滞在して、合計5点(まとまりにして)って結構少ない方でしょうかね。皆さんは、結構お買い物して帰られますか?

 

f:id:ugteku:20180708103230j:plain

 

まずは、こちら。タイブランド「Thann」のシャンプー(真ん中の4つ)とボディーミルク(一番右)です(マリオットでアメニティーとして使われていますよね?)。人生3度目のタイに来た時に連れが買ったシャンプーにどハマりしまして、今でもよく使っています。あちこちのデパートに売っていますので、見つけるのに苦労はしないですよね。ここで買い物をすると試供品のような感じで、色々とおまけをくれるのでちょっと嬉しくなってしまいます。上の小さい3つは、コンディショナー。左の黒いのは、ハンドソープです。私が一番好きなのは、真ん中の赤のシリーズ「アロマティックウッド」でしょうか。このシリーズが大好きで、マッサージオイル、アロマオイルなんかも持っております(右のボディーミルクもこのシリーズですね)。

 

 

f:id:ugteku:20180708103239j:plain

 

それからこちらも調達です。マダムヘーンの石鹸。タイの会社で50年以上の歴史があるとか。オーガニックで、体を洗うとスーッと爽快感があってすごく好きです。こちらはスタンダードなもので、34バーツとかそんな感じで買えるので、お得でいいなと思います。

 

f:id:ugteku:20180708105223j:plain

 

こちらはちょっとだけ高級バージョン。右からミント、ローズ、ウッドです。私的には、右のミントが爽快感があって一番好きです。ウッドは本当に「木」感が強く、伽羅ですかいな?という感じです。ローズは、泡もちょっと赤くて、お風呂場のタイルが赤くなったりするので、なんだかね…と我が家ではあまり人気がありません。トンローやターミナル21には専門店もあるようですので、今度行ってみたいと思っています。

 

 

f:id:ugteku:20180708103235j:plain

 

グリーティングカード類(クリスマスカードと誕生日カード)

クリスマスカードは毎年書いている方だとは思うのですが、宗教宗教しているのはあんまり好みではなく、タイ文化と一緒になっているのは面白いかなと思って購入です。職場の人にもバンコク好きは知られていますので、色々とネタにもなっていいかなあと。ワットポーのあたりにあるお土産やさんで購入しました。値段は覚えていないのですが、5枚で100バーツとかそんな感じだったと思います。

 

 

f:id:ugteku:20180708103245j:plain

 

それからこういうお菓子。

今時マカデミアナッツ系のものもどうなの? ですし、「皆さんが知っているようなものですがタイバージョンです!」は面白いかと思ってよく買っています。大きいコアラのマーチもコンビニで見かけるときもありますし、私は、エンポリアムの上にあるグルメマーケットでよく買っています。コアラのマーチは100バーツ、ポッキー10個入りも100バーツちょっとだったかなと記憶しております。

 

 

f:id:ugteku:20180708103306j:plain

f:id:ugteku:20180708103343j:plain

 

こちらは私のブログやツイッターのアイコンにもなっているのですが、タイの守り神、ヤックのヤードム(よくタイ人が鼻に当てて、匂いを嗅いでいる、スースーするあれです)。2つとっても可愛かったので、購入してしまいました! こちらは、ターミナル21の最上階にある雑貨屋さんで買いました。ターミナル21の上の方って、クリエーターさんとかの小さなショップとかもあってとても好きです。

 

 

f:id:ugteku:20180708103302j:plain

 

 

この時の旅行で一番大きい買い物はこれでした。オーダーメイドしたスーツ。ターミナル21にあるお店、British Custom Tailorsで作ってもらいました。まず、生地を選んで、寸法を測ってもらって、2日後だったかな、仮縫いしたものに袖を通して確認、次の日に取りに行くとか、そんな工程だったと思います。取りに行った時にスーツが到着していなくて、2時間ぐらい?待たなくてはなりませんでした。スーツを実際に仕立ててくださった人がバタバタとスーツを持ってきたという感じなのですが、体を測ってくれる人、実際に作る人に実際に会うことができるのって、本当に贅沢な経験だなあと思いました。

 

来週はまたバンコク、今度は何を買うのだろうか。

旅行・飛行機好きにオススメ? 空飛ぶお不動さん「飛不動尊」旅行の安全祈願をしてきました!

2018年ももう半分過ぎてしまいましたが、今年は普段よりもちょっと大きな旅行を計画している我々。ちょっと調べていたら、旅行の安全、特に、航空関連のお仕事に従事する方々がよく参拝されるというお不動様がおられるということで、お参りに行ってきました。

 

そのお不動様、その名も、不動尊です!

お寺のホームペーjには、英語名もあって、Flying Deity Tobifudo!

 

なんか良いです。

 

 

 

場所は、三ノ輪駅から行くのが良いのでしょうかね。

 

f:id:ugteku:20180706193654j:plain

出典:http://tobifudo.jp/index.html

 

こんなのを思いっきりiPhone上にうつしながら、確認しながら、歩いて行くにも関わらず、ちょっと迷う私。方向音痴、やばいです。でも、ちょっと場所わかりづらかったかな、メインストリートに面しているわけじゃなかったし(言い訳)

 

 

 

f:id:ugteku:20180706194040j:plain

 

こんな感じでのぼり(?)が立っています。

細めの路地にあるので、地域密着型なのでしょうかね。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706194208j:plain

 

「飛不動尊

飛行機付きにはたまらないかもしれません。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706194306j:plain

 

参拝させてもらいます!

 

 

 

f:id:ugteku:20180706194345j:plain

 

ご本堂を見させてもらう前に、こんなグッズ一覧が貼られており、もう欲しくて仕方がありません! ステッカー、スーツケースに貼りたい!

 

 

 

お寺の敷地、小さくて、とても静かな感じ。いつも大きな、ちょっと人でごった返しているようなお寺にばかり行っているので、ゆっくり参拝できて良いなあと思いながら、見させてもらいました。

 

 

そうしたら、気が抜けたのか、ご本堂の写真を撮っていなかったようで。

 

 

f:id:ugteku:20180706194742j:plain

お寺のホームページからお借りいたしました。

出典:http://tobifudo.jp/index.html 

 

 

さて、本堂の隣には、事務所がありまして、こちらで、例のグッズ(こういう呼び方はよくないのかもしれませんが、文化人類学的に日本の宗教と消費活動はよく議論されるので!)を購入したいと思います!

 

 

 

以下、購入したものです。

 

f:id:ugteku:20180706195058j:plain

 

この飛行機がたまらん。

 

 

f:id:ugteku:20180706195208j:plain

 

ストラップ的なお守りで、その名も「飛行護(まもり)」

なんか可愛い。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706195317j:plain

 

ステッカー!

 

 

 

f:id:ugteku:20180706195345j:plain

 

さらに、オラオラ系の飛不動尊ステッカー!

これは、スーツケースに貼ろうか貼るまいか、勇気が要りますね💧

 

 

 

f:id:ugteku:20180706195837j:plain

 

御朱印もお願いしました。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706195538j:plain

 

お寺を後にする前に、絵馬に今年の旅行の安全をお願いさせてもらいました。安全な旅行ができますように!

 

 

旅行、特に「飛ぶこと」に特化したお不動様、ご旅行好きのみなさま、一度いかがでしょうか。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706200117j:plainf:id:ugteku:20180706200133j:plain

 

愛用のリモワ氏に。

 

 

シャングリラ・ホテル・バンコク・クルンテープウィング宿泊記 その6 朝食(シャングリラウィング「Next 2」編)

こちらは、シャングリラウィングの方にある朝食会場「Next 2」です。

よく見ると、「2」となっていて(これまでの記事ではつけていませんでしたが💧) next "to" the riverということでしょうかね、チャオプラヤ川に面したデッキで朝食をいただくことができます。超至近距離で川みたい!という人には(そういう人がいれば)、うってつけの場所です。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706121319j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180706120347j:plain

 

前の記事で書いたクルンテープウィングの方の朝食は、静かなラウンジスタイルという感じなので、ゆったりとした気分を味わえるのですが、こちらの方は、リゾート感のある賑やかな「インターナショナルブッフェ」です。各国の料理が食べられるのって、結構好きな体験です。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706120400j:plain

 

立て看板をよく見てみると、税抜きで1人1000バーツですから、私たちには、なかなかのお値段です。なんちゃってとは言え、ジェイド様のおかげですw 5日泊まってるから、ここで毎日食べたとして、2人だと…と計算してしまう庶民です。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706121022j:plain

 

ここのレストランは、こちらのデッキと、エアコンのきいた室内とがあるのですが、我々はいつも外。ちょっとぐらい暑くても、バンコクの空気を感じたいし、リラックスした気分になれます。室内は、食べ物を取る人たちで賑わっているし、天井が低かったりもするので、あんまり好きではありません。

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180706131355j:plain

 

やっぱり川の近くに座られてもらいます。

臭いは気にならなかったですかね。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706121030j:plain

 

川から離れたデッキもあります。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706121037j:plain

 

席に着くとコーヒーとかお茶の注文もとってくれます。

アイスコーヒー、よくいただいています。

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180706121326j:plain

 

これがおいてあるので、お料理を取っている間に席を取られてしまう心配はなさそうです。日本語と英語でちょっと意味が違うような気もしますがが、機能は同じですね。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706121226j:plain

 

料理自体は食べなれている方ならよくわかるでしょうというようなインターナショナルブッッフェ。洋食、和食、中華、インディアン、ちょっとアラビックなんてものありました。普段あまりなじみのないものにちょっと手を伸ばしてみるというのも、こういうブッフェの面白いところかもしれません。いろんな人がそれぞれ好きなものを取って食べている、そういうアコモデイティングな場、結構好きかもしれません。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706121056j:plain

 

グラノーラがあったので、よくいただいていました。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706121217j:plain

 

あとは、これ!

タイコーヒーとタイティー!

柄杓が可愛かったです。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706121237j:plain

 

なんかこういうの、手がのびがちです。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706121006j:plain

 

でもさすがにこれはね…

昼とか夜とかのブッフェ待ちという感じなのでしょうか、ジェラートもありました。

子どもは朝からいきますね!

 

 

 

f:id:ugteku:20180706121311j:plain

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180706131754p:plain

 

こちらは色々なものを混ぜたグラノーラ。ナッツ類やサルタナ、シロップに漬けたバナナ、ヨーグルト。やっぱり朝なので、ちょっと流動食的なものが食べたくなる時があります。

 

 

 

f:id:ugteku:20180706121211j:plain


それにしても川を眺めながらの朝食はとても気持ちがいいものです。

バンコク行く前はあれをしてこれをして…というのがあるのですが、朝からゆっくりしてしまうので、腰が重くなり、プールに行ってだらだらというパターンに入っていってしまいそうです。

 

 

 

ugteku.hatenablog.com

ugteku.hatenablog.com

ugteku.hatenablog.com

ugteku.hatenablog.com

ugteku.hatenablog.com

 

シャングリラ・ホテル・バンコク・クルンテープウィング宿泊記 その5 朝食(リバーサイドラウンジ編)

アフタヌーンティーやカクテルタイムなんかにはあまりそそられないのですが、ホテルの朝食はたまらなく好きで、朝早く起きて、ジムで運動して、シャワーを浴びて、8時ごろにゆっくり朝食というルーティーンがあります(旅慣れている人には8時はまだ早すぎだろと言われそうですが💧)。

 

 

 

この前の記事でも書いたのですが、少し前までは、クルンテープウィングに宿泊する時には、ラウンジアクセス(クルンテープウィングの)が付帯していて、朝食も付いてきていたという認識だったのですが(僕の記憶違いかもですけど)、今回は、チェックインの時に「朝食は、ゴールデンサークル(シャングリラホテルのロイヤリティクラブ)のジェイドなので、コンプですよん!」と言われた時に、部屋だけ予約していたことが判明。なんちゃってとは言え、ジェイドがあってよかったね、ことなきを得ました(ホテルの朝食って高いですしね)。

 

 

 

ちなみに、会員特権でも、クルンテープウィングとシャングリラウィングの両方のレストランで朝食を頂けるとのこと。クルンテープウィングの朝食会場「リバーサイドラウンジ」の方が人が少なくて静か。シャングリラウィングの「Next」は、リゾート的なインターナショナルブッフェが食べられて、川岸のテラスで楽しいブッフェ。僕らは、リゾート感を味わうために、最初の朝食は「Next」、次の日とか、リラックスしたいなーという日は、リバーサイドラウンジでもらうというのがパターンになっているかも。

 

 

 

この記事では、エクスクルーシブな方のリバーサイドラウンジでの朝食について書こうかなと思っております。なお、滞在が長くなったり、リピートをしていると必然的に撮る写真の枚数が少なくなってきますので、本記事では、少し昔の写真を入れ込んであります。あくまで個人の思い出をしてご参照ください。

 

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212228j:plain

 

一階のラウンジに降りていくと、いつも静かな雰囲気のラウンジ。リバーサイドラウンジという名前のラウンジだけあって、入っていくと、ガラス越しにチャオプラヤ川、見えます。スタッフの方がいつもあたたかく「おはようございます」と迎えてくれます。

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212301j:plain

 

 

f:id:ugteku:20180704212254j:plain

 

とても天井が高くて、明るい、気持ちの良いラウンジ。

 

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212247j:plain

 

僕らが通されるのは大概この窓際の席。

明るくて、本当に好きな空間です。

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212820j:plain

 

こちらもブッフェスタイルなのですが、卵料理とかホットケーキ、フレンチトーストなどを注文することができます。

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212220j:plain

 

コーヒーの注文もきいてくれます。

シャングリララテアート(?)入りです。

けっこうテンションあがります。

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212313j:plain

 

ちょっと暑いなあという時にはアイスコーヒー。

チョイスがあるっていいですよね!

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212132j:plain

 

注文をしたら料理をもらいに行きましょう!

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212431j:plain

 

転身とかベーコン、スクランブルエッグとか。

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212319j:plain

 

フルーツとかあんまり食べるタイプではないのですが、ホテルに泊まる時にはよくいただいています。またちょっと東南アジアを感じることができるからでしょうかね。

 

 

 

ホテルの宿泊記なんだから、もっとどんなものがこのホテルで食べられるのか写真を紹介するべきなんでしょうが、あんまり置かれている食べ物をバチバチと撮影するのが得意なタイプではなく、こんなもんです。すみません💧

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212423j:plain

 

ラウンジにいました。

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212239j:plain

 

景色もよく、静かな雰囲気での落ち着いた朝ごはん。

普段はあんまりしっかりと朝食を食べていないわ、時間がなくて口にかきこんでいるわで、せわしなく朝食を済ましている僕には、本当に贅沢な時間です。

 

 

 

 

上述の通り、少し前の滞在のものも含まれいますが、こんな感じでいただいています。ていうか食生活、悪すぎ。

 

f:id:ugteku:20180704212212j:plain

 

クリーム、そして、メープルシロップ

パンケーキにもシャングリラのロゴ。なんかかわいい。

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212200j:plain

 

こちらはフレンチトースト。これはちょっと作り置き感があるかなあ。

もちろん、別の日にいただいたものですよ! ええ、もちろんですとも💧

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212537j:plain

 

ビックマック的発想のパンケーキとか。

カロリー高いなあ。…というかおじさんの食べているものとは思えないなあ…

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212455j:plain

 

朝からパッタイとかね。

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212152j:plain

 

野菜ゼロ生活中なのでしょうか?

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212354j:plain

 

この日はちょっと反省したんでしょうね。少なめですね。

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180704212140j:plain

 

こちらは、バランスよく取ろうと思ったんでしょうね。

…と思ったら、やっぱりワッフル&クリーム…

 

 

 

 

普段自分が食べているものとかそんなに意識しているわけではないので、あれですが、こうやってあらためて見てみると、食生活の悪さが伺えますね。甘いもの大好き!

 

 

 歯科衛生士さんに行く度に怒られるのですが、

 

 

「口開けてすぐ何食べてるかわかるタイプの住人ですね(怒)」

 

 

 と言われるのも頷けます。

 

 うちの歯科衛生士さんは、啓発系のちと怖めの歯科衛生士さんです!

 

 

 

脂っこいもの、甘いもの、飲み物はジュース…

記事書いていて、食生活について内省させられるとは!

 

 

でも、この記事を書いている4日後には、旅行に出発。やっぱり甘いもの、脂っこいもの食べちゃうんだろうな。香港にバンコクだし💧 

 

 

ugteku.hatenablog.com

 

 

ugteku.hatenablog.com

 

 

ugteku.hatenablog.com

 

 

ugteku.hatenablog.com

 

シャングリラ・ホテル・バンコク・クルンテープウィング宿泊記 その4 プールサイドで極楽!

バンコクに行く時にはいつもゆっくり。今までどれくらいバンコクに来たのか数えていないけれど、5回目ぐらいからでしょうか、「ホテルでのんびりしようぜ!」になってきたのは。「午前中比較的涼しいうちに観光しましょう!」とかガイドブックには書いてありますが、午前中、朝ごはん食べたらプールサイドに直行するというケースが我が家には多く存在します。

 

 

 

f:id:ugteku:20180703093702j:plain

 

部屋のバルコニーから見えるクルンテープウィングのプール。きれいな緑と青に茶色(!)というあまり見られない色のコントラストです。

 

 

 

部屋で準備をしてさっそくプールサイドに向かいます!

 

 

 

f:id:ugteku:20180625194022j:plain

 

既出ですが、こちらのロビーに降りてきて、エレベーターホールから右手に進んでいきます。



 

f:id:ugteku:20180703094253j:plain

 

プールサイドへのトンネルです。

 

 

 

f:id:ugteku:20180703094219j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180703094224j:plain

 

なんというタイプフェイスなんでしょうか。

なんか好きです。

 

 

 

f:id:ugteku:20180703093757j:plain

 

自動ドアを開けて外に出ると、「むわっ」とバンコクらしい空気に変わります。

 

 

 

f:id:ugteku:20180703094246j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180703094231j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180703093852j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180703094338j:plain

 

ナーガの口から水がみょ〜

 

 

 

f:id:ugteku:20180703093855j:plain

 

左手にはクルンテープウィングのリバーサイドラウンジ。

 

 

 

f:id:ugteku:20180703093900j:plain

 

その前にはデッキが並べられています。

個人的には庭の真ん中に座るの? という感じなので、うーん…なのですが、プールサイドに人が入りきれない時とかここに座ってもらうのかなあとか思ったのですが、服を着たまま昼寝したいとかそういう時にはいいのかも。

 

 

 

f:id:ugteku:20180704210335j:plain

 

少し前はこんな感じでデッキが並べられていて、パラソルも置かれていました。

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180703093903j:plain

 

こちらにはイスとかテーブルとか置かれていて、チャオプラヤ川の若干の匂いをライブで感じながら笑、だらだらと過ごすことができます。

 

 

 

f:id:ugteku:20180704095731j:plain

 

 

 

こちらでアフタヌーンティーも頂けます。

 

f:id:ugteku:20180704210833j:plain

 

ちょっとわからないのですが、昔は、クルンテープウィングに宿泊するときには、ラウンジアクセスとかバトラーサービスがついてきたような気がするのですが、この前宿泊したときには、そういったものがなくなっていて、チェックインの時に、お部屋だけの予約になっていることが判明しました(朝食は、シャングリラのロイヤリティプログラムのゴールデンサークルのジェイドだったので、ついてきたのですが)。私の不理解だったのかもしれませんが、簡略化されて部屋だけの予約が可能になったのか…ちょっとわかりません。私はあまりラウンジにお金を払ってまで宿泊したいタイプではなく(ホテルにこもる場合には別ですが)、容量が少なく、すぐに体重に反映されるこの体で色々と現地のものを食べてみたいので、ラウンジはいらないかなという感じです。

 

ということで、上の写真は、ラウンジアクセスがついていた時の昔の写真です。

 

 

 

f:id:ugteku:20180704210815j:plain

 

 

 

 f:id:ugteku:20180704210428j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180703094129j:plain

 

こちらではオープンエアでマッサージを受けることはできます。

している人、見たことありませんが。

 

 

 

 

さて、入り口に戻って、プールの方です。

 

f:id:ugteku:20180703093804j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180703093809j:plain

 

四角いプールでです。しっかり泳ぎたいという人にはいいかもしれませんね。

 

 

f:id:ugteku:20180704210614j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180704100833j:plain

 

クルンテープウィング自体がエクスクルーブな感じで、宿泊客があまり多くというわけではないようなんで、激混みとかいう経験はしたことないですね。

 

 

 

f:id:ugteku:20180704100715j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180704210724j:plain

 

こちらのプールには、通常ライフセーバーやスタッフさんがいて、人数をいうとデッキを確保、タオルを持ってきてデッキにしいてくれます。

 

 

 

f:id:ugteku:20180703093815j:plain

 

我々のお気に入りの場所は一段高くなっているこちら。

なんかプライベート感があって気に入っています。

 

 

 

f:id:ugteku:20180703094209j:plain

 

デッキに寝っ転がって、だらだらタイムスタートです。

音楽を聴いたり、本を読んだり、まどろんだり。暑くなり始めたらプールにザブーン。そして、またループ開始です。

 

 

 

f:id:ugteku:20180703094324j:plain

 

隙間からチャオプラヤ川をのぞみます。

 

 

 

f:id:ugteku:20180703094045j:plain

 

デッキに寝そべりながら。

クルンテープウィング。

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180703093732j:plain

 

こちらは違う日に、別のデッキにごろん。

チャオプラヤまでの距離だけでいったら、ナンバーワンに輝くプールサイドではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ちなみに、クルンテープウィングのプールサイドは、基本的には、クルンテープウィングに宿泊している人のみ利用可だよん!と以前スタッフの方に聞いたのですが、シャングリラウィングのプールは、クルンテープウィングの宿泊者でも利用可であるようで、我々も一度こちらを利用させてもらいました。

 

 

 

f:id:ugteku:20180704100331j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180704100117j:plain

 

シャングリラウィングのプール。こちらは四角いプールではなく、リゾート感のある丸いぱちゃぱちゃ系のプールですので、しっかりと泳ぎたいという人には不向きかもしれません。この写真は朝早く撮ったものなので人がいませんが、日中は「ハワイかっ!」というぐらい人がいるときもありましたので、ゆっくりしたい派の我々はそそくさと退散です。

 

 

 

f:id:ugteku:20180703093950j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180703094007j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180704100440j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180703094040j:plain

 

なんかとてもおしゃれなタイル置き場

 

 

 

f:id:ugteku:20180703094129j:plain

 

せっかく旅行に気にているのだからもっと町歩きとかすればいいのにとか自分でも思うのですが、このだらだらがなんとも贅沢で好きです。いつものパターンとして、お昼までゆっくりして、街に昼ごはんを食べに行って、そのあとバンコクを散策という感じになっているような感じがしています。特にプライベート感があって、チャオプラヤ川である種バンコクらしさを感じさせてくれるクルンテープウィングのプールサイド、僕のお気に入りの場所です。

 

 

ugteku.hatenablog.com

 

 

ugteku.hatenablog.com

 

 

ugteku.hatenablog.com

 

シャングリラ・ホテル・バンコク・クルンテープウィング宿泊記 その3 宿泊した部屋とやや怖い体験…

お腹もいっぱいになりまして、今回宿泊するお部屋へと向かいます!

 

 

f:id:ugteku:20180701173112j:plain

 

お部屋、ちょっと何階だったのか忘れてしまってはいますが(半分よりは上っていう感じでしたかね💧)、エレベーターホールも落ち着いていて好きです。

 

 

 

f:id:ugteku:20180701174505j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180701174440j:plain

 

クルンテープウィングは弓形になっていますので、ぐいーんと回って部屋にまいります!

 

 

 

f:id:ugteku:20180701173107j:plain

 

部屋に入ると、リモワ氏が運ばれていました。

今回クルンテープウィングの入り口の前にはセキュリティードアが配置されていまして、帰ってくるたびに毎回チェックがありました。

 

 

 

f:id:ugteku:20180701173144j:plain

 

いつも単焦点のレンズを使っているのですが、この時は、広角レンズなしで旅行をしていたので、部屋を入った感じの写真がこんな感じになっています😅 携帯カメラでパシリだったなー。

 

 

 

f:id:ugteku:20180701173101j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180701173117j:plain

 

窓脇にはカウチもあってゆっくりできます。

 

 

 

f:id:ugteku:20180701173413j:plain

 

f:id:ugteku:20180701173127j:plain

 

滞在が短い時には「結局食べなかったね〜」とかなることもある(僕は!)ウェルカムフルーツですが、滞在が比較的長い時には、バッグに忍ばせてモーニンティーと一緒に食べたり、夜食にしたりという感じで大変助かっております!

 

 

 

f:id:ugteku:20180701173139j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180701174432j:plain

 

今回の宿泊時のものではないですが、こんな感じのおふろ。僕の家は浸かれない仕様のバスタブなので(どんなバスタブだ!)旅行の時はちゃんとしたバスタブがあるだけでテンションがあがるのです。旅行中ジムのサウナとかジャグジーとかにも異様に入りたがるのもこのためです。

 

 

 

f:id:ugteku:20180701173202j:plain

 

こちらの部屋、リバービューになっていますので、チャオプラヤ川のパノラマを楽しむことができます。ゆっくりと流れていく川を見ているととてもリラックスした気分になれます。

 

 

 

f:id:ugteku:20180703084333j:plain

 

バルコニーには椅子と小さいテーブルもありますので、買ってきたドリンクを飲みながら過ごすのも楽しいかもしれません。てか、楽しいです!

 

 

 

f:id:ugteku:20180701173148j:plain

 

こちらは反対側。朝6時に起きても車びゅんびゅん走っていて、バンコクはとても忙しいのね、と思います。

 

 

 

f:id:ugteku:20180701173852j:plain

 

こちらは部屋の中から。湿度で窓ガラスが曇った感じ。

外の景色がぼやーっとした感じがとても好きです。

 

 

 

 

 

こちらはちょっと古いですが、2014年のカウントダウンの花火です。

 

f:id:ugteku:20180703085625j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180703085824j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180703085838j:plain

 

 

 

f:id:ugteku:20180703085647j:plain

 

カウントダウンの花火を間近で、何も遮るものもなく見られるのは、川岸のホテルならではの贅沢な体験ですね!

 

 

 

f:id:ugteku:20180703085650j:plain

 

元日の夜は、普段よりも多くのパーティー船が出ていてワイワイしております。寝るにはちょっとうるさいかもだけど、まあ楽しいものです。

 

 

 

 

 

 

で、余談なのですが、ちょっと「あれ? 怖くない?」という出来事がありまして…

 

f:id:ugteku:20180701173842j:plain

みなさんご存知のこの「非常口の案内」

ドアの内側に付いていますよね?

 

 

最初の夜、テレビを見ながらリラックスしていたら、

 

 

「どーん」

 

 

という音がして、ドアから剥がれおちている…

 

f:id:ugteku:20180701173829j:plain

事件現場

 

 

え? これ落ちる?

なんか怖いんですけど (°▽°)

 

f:id:ugteku:20180701173849j:plain

現場検証をしてみる。

 

ドアを見てみると、のりの部分が剥がれていますよね?

 

「これ、よく落ちるんですよね〜 修理しますね!」

 

の場合だったら、いくつかのりが剥がれた部分があるはず。

 

でも、これには、ない。

 

てことは、ずっとここ付いていたんだけど、今回我々が宿泊した時に「たまたま」おちたということ? 新しい感じもないですから、ずっとここにあった。それが「たままた」今日おちた。我々が泊まった時に!

 

あるいは、超常現象的な?

 

ここに栖むクルンテープ霊の仕業?

 

 

「たまたま」と思いながら、ちょっと怖いね。電気つけたままにしとく? 大人二人がビビりすぎだよー。ははは…。という感じの我々でした💧

 

 

 

 

 

f:id:ugteku:20180701173153j:plain

 

バルコニーから下を見るとクルンテープウィングのプール。プルール大好きっ子なので、次の記事ではこちらについて書きます!

 

 

ugteku.hatenablog.com

 

 

ugteku.hatenablog.com