ホテルオークラ東京宿泊記 さよなら本館 部屋の紹介(その1)

ホテルオークラ東京の本館が取り壊されるということで、記念宿泊をしてきました。

 

今回は、宿泊したお部屋(の半分)を紹介します。

f:id:ugteku:20150721181813j:plain

今回の部屋は、M994です。

 

f:id:ugteku:20150721181605j:plain

ホテルオークラ東京は、こんな形をしているのですが、今回宿泊したM994は、向かって左側、9階の角部屋です。

 

f:id:ugteku:20150721182934j:plain

カードキーで、ピッです。

 

 

 

今回は、ジュニアスイートにアップグレードされています。

 

f:id:ugteku:20150721182958g:plain

実際に泊まった部屋は、この間取りを左右対称に逆にしたものです。

 

広さは、59から66平米と公式サイトには記載されています。日本のホテルって、海外の部屋に比べるとやっぱり狭いなんて思うのですが、これくらいになって、リビングの方が広くとられていると、かなり広く感じます。

 

 

 

まずは、リビングエリアです。

 

f:id:ugteku:20150721181022j:plain

真ん中にものがなく、これが広く見える秘訣かもしれません。家具は、どれも年季が入っていて、木製のものはすり減ってきていますが、よく掃除されていて、大切にされている感じが伝わってきます。

 

f:id:ugteku:20150721181053j:plain

反対側から。

 

f:id:ugteku:20150721181035j:plain

ソファもかなり年季が入っているんです。忙しい旅行のときには、あまり座ることのないソファーですが、目的が宿泊メインでも、やっぱりあまり座らない私たち。やっぱりせっかちなのかしら。

 

f:id:ugteku:20150721181622j:plain

磨りガラス。これがより昭和館を演出します。

 

f:id:ugteku:20150721181657j:plain

角部屋なので、採光はバッチリです。こちらは、別館方向。別館は、宿泊した時には改築中。本館の建て替え中に稼働させるということでしょうかね。

 

f:id:ugteku:20150721181707j:plain

こちらは、もう一つの窓から。

 

f:id:ugteku:20150721181720j:plain

日本で最初の私立美術館の大倉集古館。こちらは現在閉館中。ホテルについてるって面白いですね。

 

f:id:ugteku:20150721181411j:plain

基本的には、コーヒーはきちんと入れたものを飲む派なのですが、エスプレッソマシーンが部屋にあると便利だし、テンションはやっぱり上がります。

 

f:id:ugteku:20150721181638j:plain

茶碗類なのですが、大変趣味がよく、良いものが使われております。

 

f:id:ugteku:20150721185251j:plain

冷蔵庫もたっぷりなのですが、オークラ価格です(笑)

 

 

そして・・・

f:id:ugteku:20150721185406j:plain

と書かれていて、使わせてもらったのですが、次の日になると、一本そーっと置かれているのです。これは・・・400円なの・・・?ということで、触らずでした。ま、聞けばいいのですけど(笑)

 

f:id:ugteku:20150721185653j:plain

ずーん! 一本追加は400円の天然水です!

 

 

 

f:id:ugteku:20150721181300j:plain

ちょっと長くなってきてしまっているので、2つに分けて、、残りは次回紹介したいと思います。

 

長文になってしまっていて、すみません(汗)

 

ugteku.hatenablog.com

ugteku.hatenablog.com

ugteku.hatenablog.com

ugteku.hatenablog.com

ugteku.hatenablog.com

ugteku.hatenablog.com

ugteku.hatenablog.com